幼い子供の才能を伸ばすための情報サイト

小さいうちからやっておきたい学習の種類

スポーツは何歳から始めたらいいの

水泳、体操などのスポーツ

水泳や体操といった種目は、恐怖心が伴うスポーツでもあります。
このため、恐怖心のために辞めてしまう子供もでてきます。
また年齢を重ねるにつれ、恐怖心以外に身体の柔軟さが足りないと本人が自覚してしまい、かえって劣等感を受け付けてしまう可能性もあります。
他の子どもたちと違い、自分は得意なものがあるというだけでも、本人の自信となり、勉強においてもやる気がでることでしょう。
幼い時に身に着けた恐怖心の克服と身体の柔軟性を要求されるのは、水泳や体操だけではありません。
フィギュアスケートなど、どんな種目でも要求される要素です。
幼少の頃のスポーツは、運動神経を養い何事も迅速な動作ができるという自信を本人が確実に身に着けられる可能性があります。

野球、サッカーなどの球技種目

野球やサッカーなどに代表される球技種目は団体行動で協力しあって勝負するという競技ですので、幼少の頃からプレイしていると、わがままで利己主義な子供特有の性質が早く卒業でき、団体行動を通して全体を見るといった、将来社会人として必要な資質が養われていきます。
また団体行動を通して、先輩、後輩、目上の人の判別が早くからでき、礼儀正しい子供として育ってくれる可能性が期待できます。
スポーツをする子供に共通して言えることですが、朝早く起床して行動をしなければならなくなったり、ユニフォームをそろえて洗濯したり、運動をする子供のための栄養バランスなどを考える親御さんたちは大変苦労されることでしょう。
しかし、これら親子ぐるみの苦労はなんらかの形で将来の子どもの役に立つ可能性は大きいといえるでしょう。


この記事をシェアする