幼い子供の才能を伸ばすための情報サイト

小さいうちからやっておきたい学習の種類

ピアノ・バイオリンなどは何歳から

ピアノやバイオリンなどの楽器から習う

一流と呼ばれる人は3歳~5歳の間で楽器を始めていると言われています。
楽器を触ることで、今まで聞いていただけの音楽が身近なものとなりリズム感がでてくるなど、情操教育にも大変役立つと言われています。
特にピアノやバイオリンは大人サイズのものが多く出回っていますが、子供用も販売されています。
しかし、子供用は使用する期間も少ないという点からも、最初は楽器に親しませる玩具ぐらいの気持ちで始めさせたほうがよいでしょう。
楽器がうまく弾けるという自己満足感が徐々に達成される中で、周囲の人々のかかわりが、だんだんと見えてくるはずです。
周囲の人々、特に家族ぐるみで音楽のなんらかの趣味があれば、その子供の上達も目覚ましいものとなるでしょう。

ダンスはリズム感と団体行動を

バレエやジャズダンス、日本舞踊はリズムに合わせていくつかの動きを習い、そのことを繰り返すことで達成感を感じさせてくれたり、団体で踊ることで同じ目的をもって努力するという事を学べます。
幼い時にすれば、ぎこちなさがなく自然な表現ができる踊り方を身に着ける事が容易となります。
日本舞踊は、下半身の安定と手先からの所作を習う事で情緒表現ができます。
バレエは足のつま先までのバランスとしなやかな動作が要求されますので、幼い頃からの練習を積んでいると身体の柔らかさも他の子供達と違うので上達の速さも違ってくるといえます。
また、舞台に上がって踊りを踊る機会があるバレエやジャズダンスなどは、舞台装置や舞台衣装、お化粧など普段の子どもたちには日頃体験できない機会ができます。
ダンスをする子供たちの将来で、目に見えないながらもさまざまな場面で役に立っていくことでしょう。


この記事をシェアする