幼い子供の才能を伸ばすための情報サイト

小さいうちからやっておきたい学習の種類

ピアノ・バイオリンなどは何歳から

幼い子供はなんでも興味を持ち、音楽のリズムにのりながら見様見真似で踊ったりします。 この事は幼い頃から、知らず知らずのうちにリズム感を養い感情の豊かさなどが広がっていきます。 それでは、これらの感性を豊かにしてあげる音楽やダンスなどは何歳から始めたら最もよいでしょうか。

子供の情操教育にとって、大事な音楽との関係について

幼少の頃から親や周囲の人達が、その子の才能を見出すことができるのは、ほんの偶然の産物でしかありません。
しかし、環境を整えてあげる事で幼い子供の才能は周囲が思う以上の速さで伸びていくのは、数々の例で知られています。
作曲家のショパンを例にしますと、ポーランドの音楽好きの両親の家に生まれた彼は4歳の時に母や姉からピアノの演奏を習い始めます。
6歳の時には、ヴィチェフ・シヴニーから指導を受け、15歳にして高等学校の正式なオルガニストとなりました。
これらでもわかるように、幼少時の教育と環境は才能を無限に伸ばすには重要な時期だといえるでしょう。
また、スポーツにおいてもフィギュアスケートのように一流選手であるための必須技術として、ジャンプがあげられます。
オリンピックや国体などの競技種目の得点の対象となるジャンプは、幼少の頃より習っていないと遅すぎて上手には跳べないと言われています。
スポーツだけではなく、語学にも同じことが言われています。
幼少の頃に、周囲に外国語を話す人がいるとその子供はバイリンガルになる可能性がありますし、両親と外国暮らしをしてきた子供はわずかな期間で外国語を話します。
それでは、これらの「習い事」と言われるものは何歳から始めたらよいでしょうか。
例えば、音楽ならピアノやバイオリン、その他の楽器はあまりに小さい子供だと楽器が大きすぎたりしないかと心配をする人もいますが、子供用の楽器はあります。
楽器によってはない場合は、その楽器を使った音楽を聴かすことで楽器に接することができるまで馴染ませれば問題はないでしょう。
幼少時に数多くの事に馴れ親しませなければ、その子供の才能をどう伸ばしてあげられるのかを考えてしまう人もおられるでしょうが、肝心な事は子供に「お稽古事」に疲れさせないことです。
子供の才能を伸ばせるのは、ご両親ならびに周囲の人々の助けが絶対に必要だといえるでしょう。

スポーツは何歳から始めたらいいの

スポーツは何歳から始めたらよいのでしょうか。 実は胎児の頃から始まっているという人がいます。 母体の子宮の中では羊水があり、胎児を飲みながら栄養を摂りながら育ち、この中で運動や呼吸をしています。 生れてから少し経った赤ん坊なら水への恐怖心がまだないので簡単に水に浮くと言われています。

英語などは何歳から

英語などの外国語は何歳から始めさせればいいのだろうかと悩む親御さんも多いかと思います。 母国語の日本語も含めて言えば、赤ん坊の頃から始まっていますので外国語も同じタイミングでよいと言われています。 好奇心が身についてきた子供にとっては早いタイミングがよいようです。